2005年12月19日

メモ 台湾と沖縄

沖縄タイムス2005年6月17日「牡丹社事件130年ぶり和解」
 台湾側子孫ら、犠牲者の遺族に謝罪
「一八七一年、台湾の屏東県牡丹郷に漂着した琉球の住民五十四人が原住民族・パイワン族に殺害された牡丹社事件(宮古島民遭難事件)で、台湾側関係者の子孫ら十八人が十六日、来 沖し、那覇市の護国寺で犠牲者の墓を参拝した。訪問団が犠牲者の遺族に謝罪し、事件から約百三十年ぶりに“和解”が実現した。」
「牡丹社事件(宮古島民遭難事件) 琉球王府時代の1871年、那覇に年貢を納めた帰りの宮古の貢納船が暴風雨で遭難し、台湾南部に漂着した。乗員69人のうち3人が水死、残りは台湾原住民族・パイワン族の集落、牡丹社に救助を求めたが、54人が殺害された。生き残った12人は翌年、中国・福建省を経由し那覇に帰った。事件の報復を口実に、明治政府は74年、近代日本最初の海外派兵「台湾出兵」を強行した。」


asahi.com 社説・コラム2005年6月27日〈礎海〉平和の礎、緑陰の追悼 石に刻まれる戦争の記憶たち●沖縄と中台、歴史の交差
「台湾と琉球・沖縄とは地理的・歴史的に近く、地政学的緊張もしばしばだった。1871年、琉球・宮古の漂民54人が台湾屏東牡丹郷の先住民パイワン族に殺害された。日本は3年後、この事件を口実に台湾出兵を敢行した。近代日本の最初の組織的海外派兵だった。今月中旬、パイワン族の子孫20人が沖縄を訪れ、事件を謝罪し、犠牲者を祀(まつ)っている那覇市内の護国寺に参拝した。「台琉和解」を台湾のメディアは大きく取り上げた。」

posted by palala at 03:57| ホノルル ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

8月31日授業内容メモ

今日はBamboozledの続き+リーディングの内容についてディスカッション。
議論に割り込んで話すためには、言うことを細かく用意して望まなければということを痛感。
授業は、この映画が言わんとしていることをmass media/ representation/ appropreation/ commdification/ resistence/ performanceという概念で説明せよという問いから始まった。

授業を終えて話を聞き、ノートに取ったこと、感じたことをまとめるとこうなるだろうか(映画はもっとたくさんのメッセージを持っているに違いないんですが)。
「現代のアフリカン・アメリカンが自らを表象によって抵抗しようとするが、資本主義社会の中すぐさま抵抗は商品化され、そして領有されてしまう」

映画が伝えていることをこうまとめると、"...in the struggles of urban youths for survival and plesure inside capitalism, capitalism has become both their greatest friend and greatest foe."(Robin D.G. Kelley,'Looking to Get Paid'in Yo' Mamas Disfunktional: Fighting the Culture Wars in Urban America, Boston: Beaocon Press, 1997, p77) がかさなってきた。

映画のなかで語られるフレーズもとても印象的だった。
posted by palala at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

授業内容メモ

授業でスパイク・リー監督の映画Bamboozled(2000)を観た。

アフリカン・アメリカンの表象のされ方、アフリカン・アメリカンが求められてきた演じ方に抵抗する目的であったはずのTV番組が大ヒットするという皮肉を描いた作品。

自ら再演することで、見世物とされてきたことへの抗議をする。
要求される役割を演じることがまず優先で、それ以外の要求されない役割を演じること、そもそも演じないという選択を奪われてきた者が、どのように自己像を取り返すか/新たに獲得するか試行錯誤する。
しかし要求されない役柄なんていうものは、選択肢としてあるのだろうか。

昨年再演されていた「人類館」を思いおこさせる映画だった。
posted by palala at 04:48| Comment(2) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。