2005年07月31日

メモ

友人に教えてもらった。ハワイアンをめぐる本質主義とその「政治的正しさ」についての議論を含んでいる。

社会人類学の教授、小田亮氏による論文の短縮版・改訂版
「ポストモダン人類学の代価−ブリコルールの戦術と生活の場の人類学」

【関連する記事】
posted by palala at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アンテナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5498101
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。