2005年12月28日

ハワイの軍事関連施設ツアー+ゲート前ご飯持ち寄り集会

12月26日はオアフ島の西北にある軍事保留地Makua渓谷ゲート前でのクリスマスの祈り+ごはん持ち寄り集会に参加した。たどり着くまでの間、連れて行ってくださった方々からハワイの軍事化、軍事施設について教えてもらった。

パール・ハーバー
−ハワイの軍事基地化は1870年代から始まっていた。1876年に発効した互恵条約によりサトウキビの関税が撤廃され、ネイティヴ・ハワイアンの養魚地が集中していたパール・ハーバーは軍事施設として使用されることになった。これは1873年の米国本土からの「軍事視察」を機に高まったハワイの軍事化への関心と、プランテーションの経営者らの米国本土への市場の拡大への期待の結果であった。
−日本軍による攻撃後、パール・ハーバーの軍事基地としての重要性はより高まった。海は放射能汚染物質、PCBなどの化学物質で汚染されており、そこで獲れる魚介類は有毒である。そういった警告があるにもかかわらずやむを得ずそこで釣った魚を食する人はまだいる、という。

ワイケレ峡谷
−化学兵器倉庫として使用されている。

ルアルアレイ渓谷
−海軍無線送信施設があり潜水艦とも交信可能な海軍のタワーが2本そびえ立っている。電波の影響で発ガン率も高いという。またこの施設には核兵器が貯蔵されている。

マクア渓谷
−1940年代から軍事目的で使用されてきた。火事など事故も多い。割譲地や借地などで構成される約4900エーカー(2.6km2)を占める施設内には、ネイティヴ・ハワイアンが宗教的儀式などを行ってきた歴史のある場所が含まれており、軍事目的での使用、実弾訓練による土地の破壊への反対がなされている。現在は訴訟のため06年1月半ばまで訓練は停止される予定。

−今日のご飯持ち寄り会はこのマクア渓谷訓練施設ゲート前で行われた。フェンスにはバナーが掛けられ、ゲート前の道を通りすぎる車からは声援も。自己紹介後、参加者からはこれまでどんな運動に関わってきたのかということや、現在は立ち入りが制限されているマクア渓谷に対する思いなどが話された。少し暗くなってきたころには持ち寄ったごはんを食べた。
DSCF0404.JPG
DSCF0421.JPG
OahuCloseUp. Makua Valley.gif
地図(Makua Military Reservation http://www.25idl.army.mil/makua/ より)を見ると軍事施設はオアフ島の西寄りに集中している。またオアフ島西は東に比べ農業に適さない土地が広がってもいるという。だが1921年のホームステッド法によりネイティヴ・ハワイアンに使用が許可された土地の多くは西側にある。連れて行ってくれた方はこれを“Environmental Racism”だと話していた。

posted by palala at 09:27| ホノルル ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ハワイ・米軍基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイトルにある「ご飯持ち寄り」という言葉に、思わず楽しそう!と思ってしまったけれど。
ハワイイっぽい地名にちょっと懐かしい気分を思い出しながらも、やっぱり考えさせられました。
「在沖米軍基地をグアムに!ハワイに!フィリピンに!」っていう声は、県内ではリベラルな声として出る。「米軍の基地なんだから米国に」っていう論理はわかるんだけど、結局米国でも発言権の弱い人々の地域に置かれてしまう。まさしくracismの論理が働くわけで。
そこにいる人達は基地による被害を被って、反基地運動に時間を費やすことになるし。

難しい。
やっぱり、一市民として端的に拒否ることが大事なのかな。難しいのう。
にしても、ハワイイって19世紀から軍事化が始まっていたのね。
養魚地として生活を支えていた海が基地になるなんて、とても聞いたことのある話って感じ。金武湾や辺野古が重なります。辺野古は、まだ間に合うはず。がんばらなきゃ。
あと、「ご飯持ち寄り」は沖縄でもやりたいかもー。楽しげー。
Posted by hisa at 2005年12月29日 23:57
だからさ。ご飯持ち寄りのことを「ポトラック」とか言ってたんだけど、これは沖縄でやってもいいかもね。マクア渓谷のゲート前は車の通りもあまり多くなくて、静かで良かったよ。

連れて行ってくれたのはハワイでも軍事訓練に対して…とか色々アクションを起こしている方々なんだけど、基地被害のある地域の人たちはつながってサポートし合っていくべきだと考えているようです。

その方々は、今年夏か秋ごろに韓国で基地被害に関するシンポジウムに参加したようなんだけど、そこで「代表」として参加している沖縄の安次富さんたちに会ったって。ハワイの状況を知った安次富さんは「もう『ハワイに持っていけ』、とは言いません」と宣言していたらしいけど…。

基地に反対するときって、代替案を提示しなきゃ説得できないからハワイやグアムということになるんだろうけど(?)、それって米国政府や日本政府の論理を受け入れているというか「発言権の弱い人々の地域に置く」というパターンを繰り返すことになると思うんだよね。

○○に持っていけ、という言い方にはいろんな意味がこめられているとは思うんだけど…。いかに反対するかって難しいね。
Posted by kozupalala at 2005年12月31日 02:25
遅いけど…

パールハーバーは第一次世界大戦の時も、
太平洋にいるドイツ商船が避難したり、
それを接収したり監視下においたりで、
いろいろあったんだよ。

パールハーバー沖で海戦勃発かという
うわさもとびかってるぐらいの緊張だったって。
Posted by isayuki at 2006年01月12日 14:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。