2007年03月28日

アメリカ合衆国によるハワイの軍事化の起源:侵略と占領(2)

Bカラカウア王の後継者であるリリウオカラニ女王がかつてのハワイ王国憲法条項の復活を試みた際、ハオレのクーデター指導者らはアメリカ合衆国の聖職者ジョン・スティーヴンスと米軍のハワイ上陸を企てた。1893年1月17日、米艦ボストンからの米海兵隊は女王の王権剥奪を支持した。ワシントンDCの指導者は協定に従い軍事行動を否認するであろう、と期待した女王は、流血の惨事を避け中立状態を保つため、一時的に米軍に降伏した。だがアメリカ合衆国大統領クリーヴランドが米軍のハワイの侵略の非合法性を認めていたにもかかわらず、アメリカ合衆国は王国復活のための行動はとらなかった。

Cアメリカ合衆国への併合につながる2つの協定を阻止するためのハワイ国民の抵抗もむなしく、米西戦争の勃発はハワイの全面的軍事占領の引き金になった。7月16日、議会はハワイの占領を正当であるとする両院共同決議案を可決した。実質上ハワイは一夜のうちにアメリカ合衆国の巨大な軍事的企ての中枢となり、アジアへの帝国の襲撃のための発進地となった。

Dアメリカ合衆国による占領は、ハワイに抑制のない軍事拡大をもたらした。パール・ハーバーにおける海軍基地建設は1900年に始まり、ハワイアンの36つの養魚地を破壊し、これまでの豊かな食糧供給源を巨大な海軍基地に変えた。まもなくこれに、シャフター駐屯地、デルーシー駐屯地、カメハメハ駐屯地、ウィーヴァー駐屯地、そしてスコフィールド兵舎の建設が続いた。メイコム軍司令官は「オアフは鉄条網として強化されるべきだ」と記した。1898年から1941年までハワイは、政治とビジネスを支配したハオレ・オリガーキー、そしてハワイにおける非白人人口の多くを占めるカナカ・マオリとアジア人移住者の支配を強化した軍隊に統治された。
posted by palala at 04:54| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイ・米軍基地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

アメリカ合衆国によるハワイの軍事化の起源:侵略と占領 (1)

@ハワイの軍事化は、アメリカ合衆国の白人至上主義的指導者の、アジアの市場への接近と資源獲得への欲望よって推し進められた。19世紀、ハワイはアメリカ合衆国、イギリス、フランスを含め十数の国々と独立王国としての協定を結んでいたが。しかし合衆国指導者は戦略的位置、さらに燃料補給地としてのハワイの侵略を目論んだ。

A1873年、米国の軍事探偵はワイオミ(現在のパールハーバーの原名)を「太平洋の中枢(key to the central Pacific Ocean)」とした。1887年、ハオレ(白人外国人)商業指導者と宣教師の子孫らはクーデターを企図し、政権をハオレに転じ、さらにほとんどの非白人人口の公民権を剥奪する「銃剣憲法」をむりやり立法化した。これによって政変リーダーは、ハワイ産砂糖の関税を減らす代わりに合衆国によるパールハーバー独占使用を譲渡する互恵条約を採択したのである。

(ハワイの軍事化と抵抗についての概要 DMZ-Hawai‘i / Aloha ‘Aina レポート, by Kyle Kajihiro)

posted by palala at 20:06| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。